カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

南口雅也

メモ

観望から観察へ 観察から観測へ 空を見上げ、望遠鏡をのぞき天文を楽しむ時、それぞれの楽しみ方をサポートしつつ、レベルアップのお手伝いをしていきたいと思います。


店長日記はこちら

Moravian情報専用ページ
ZWO社ファイルダウンロードサイト
マニアのための個人輸入サポート
PL保険加入済み
小物送料無料
店長南口(プラス協力者の皆様)が日本語化した海外フリーソフトのご紹介
アマゾンで販売中の弊社取扱商品と組合せて使うと便利な商品
大学、研究機関、自治体および法人の購買担当者様へ
星見屋オリジナル資料リンク集
SkyWatcher WiFi アダプターとSynScanアプリの操作マニュアル
SkyWatcher WiFiアダプター SkyWatcher社の英語マニュアル翻訳
ASIAIR TIPS,活用方法
ハーフピラー付トラベル三脚
型番 PortableHPTripod
定価 49,800円(本体46,111円、税3,689円)
販売価格

49,800円(本体46,111円、税3,689円)

在庫数 ※1点のみとなっております※
購入数


Teleskope Service社オリジナルの移動用三脚、ハーフピラー組込み済みです

光害を避けて空の暗い場所に移動する時、望遠鏡をのせる三脚・ピラーなどの足回りは、できるだけ小さくしたいものの、軽くしてしまうとシステム全体の重心を押上げ、風に弱く、素材や構造によっては振動にも弱く、不安定なものになってしまいます。
軽薄短小は日本のお家芸と言われてきましたが、移動望遠鏡の足回りには重厚短小なものが最適でした。

短縮時60センチ、全重6.1Kgのこのハーフピラー三脚は日本でも移動式望遠鏡の足回りとしても最適です。

このように短い脚とハーフピラーを折り返します。



赤道儀の装着はビクセンの旧GPのΦ60タイプとなっています。

伸縮脚の短い状態ではかつて限定品だったビクセンのHAL70三脚を伸ばした状態より少し高い程度

伸ばした状態では「TS GP互換ステンレス三脚」やSkyWatcherのEQ5に使われている三脚とほぼ同じ高さになります


GEOPTIKの三脚アジャスターにもジャストフィットします


この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける