カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

南口雅也

メモ

観望から観察へ 観察から観測へ 空を見上げ、望遠鏡をのぞき天文を楽しむ時、それぞれの楽しみ方をサポートしつつ、レベルアップのお手伝いをしていきたいと思います。


店長日記はこちら

Moravian情報専用ページ
ZWO社ファイルダウンロードサイト
マニアのための個人輸入サポート
PL保険加入済み
小物送料無料
店長南口(プラス協力者の皆様)が日本語化した海外フリーソフトのご紹介
アマゾンで販売中の弊社取扱商品と組合せて使うと便利な商品
大学、研究機関、自治体および法人の購買担当者様へ
星見屋オリジナル資料リンク集
SkyWatcher WiFi アダプターとSynScanアプリの操作マニュアル
SkyWatcher WiFiアダプター SkyWatcher社の英語マニュアル翻訳
ASIAIR TIPS,活用方法
Astro Photography Tool Ver. 3.63
型番 APT-3.63
定価 3,000円(本体2,778円、税222円)
販売価格

3,000円(本体2,778円、税222円)

在庫数 ※1点のみとなっております※
購入数


2019/01/17
バージョン 3.63がリリースされました。
PHD2との連携においてDithering中に一時的にガイド星をロストする問題を解消したということです


2019/01/04
バージョン 3.62がリリースされました。
Automated Melidian Flip (自動子午線反転)機能のバグフィックス版ということです


2018/12/21
バージョン 3.60 がリリースされました
Automated Melidian Flip (自動子午線反転)機能が実装されました




2018/10/25
バージョン3.57がリリースされました


2018/06/04
バージョン3.54.1がリリースされました

2018/03/02
バージョン3.52がリリースされました。
バージョン3.50用の日本語ユーザーガイドができました。T.Sugiyama様、ありがとうございます!
こちらから右クリックで”名前を付けて保存”から「UserGuide.chm」と名前を付けてダウンロードしてください。Windowsのヘルプファイルですので単独で起動閲覧が可能です。
日本語ToolTipsも作者に送っています。まもなくAPTのサイトからダウンロード可能になります。

基本的な使い方を導入前に理解していただけると思います。また、既にお使いの方にも、オートフォーカス、ポイントクラフト、二つのカメラの同時制御法など、出来そうだけどどうすればいいか分かり辛かったことがかなりわかりやすくなったのではないかと思います。
フィードバックは星見屋(info@hoshimiya.com)までお送りください。

ToolTipsは
「Tools」タブ→「Settings」ウィンドウ内の「Main」タブ右下の「Import ToolTips」ボタン
で取り込みが可能になりました。
フォルダーを操作してコピーする必要がなくなりました。

自動導入のターゲットとなる天体のリストの恒星リストも日本語化されました。こちらは左クリックで自動保存、または右クリックから「対象をファイルに保存」を選んでフォルダーを指定してダウンロードください。

ダウンロード後、ZIPファイルを解凍すると"APT_ObjectBrowserJP.exe"という実行ファイルが得られますので、これを実行することで恒星の日本語データがインストールされます。

こちらももはやフォルダーを操作する必要がなくなりました

少しづつ環境が整ってきているAPTを是非お試しください





フリーのプラネタリウムソフト“Cartes du Ciel”と連携して画角枠の表示、自動導入場所の指定、PlateColve(位置解析)、自動位置修正が可能です。

ユーザーの"けむけむ"様がブログ上で設定・使用手順その他の詳細情報が公開されています。
星見屋は適宜お手伝いさせていただいています。その他のユーザー様でブログなどで情報公開されている方もお手伝いしますので是非お知らせください。










移動観測時に必要な機能をほぼ備えた「統合天体撮影ソフト」です。
1)ドリフト法による極軸調整
2)望遠鏡の光軸調整
3)架台コントロール(ASCOM)
  自動導入
  子午線越えコントロール
4)カメラコントロール(EOS,Nikon およびASCOMカメラ、SBIG,QSI,ASCOM)
  ライブビュー
  構図調整
6)フォーカスエイド、バーティノフエイド
7)複数夜撮影サポート
8)ガイディングソフト連携
9)撮影した画像から位置を特定する”PlateSolve”機能を持つPointCraftとの連動
  カメラ写野の微調整
10)EOSボディーとレンズの場合、レンズ内モーターを使ってオートフォーカスが可能
  ASCOM対応電動フォーカサーの場合、オートフォーカスが可能
11)冷却カメラの温度管理
12)ASCOMフォーカサー、ASCOMフィルターホイールとの連動


その他たくさんの機能があります。

ブログを公開されているユーザー様をサポートしています。
こちらをご覧ください



キーファイルをダウンロード販売いたします。
キーファイルをダウンロード後、こちら
を開き、メールアドレスとキーファイルの内容を入力してインストール用ファイルをダウンロードしてください

キーは認証後1年間のアップグレード保証となります

1年経過後もアップグレードは必須ではないので全機能をご利用頂けます
期間経過後のアップグレードは6ユーロの支払いをメーカー(Incanus Ltd.)に行っていただきます

NIKONの機種適合表はこちらのサイトを参照ください。一部、接続ケーブルや稼働Windowsのモードに制約があります
http://www.ideiki.com/astro/Nikon.aspx

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける