カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

南口雅也

メモ

観望から観察へ 観察から観測へ 空を見上げ、望遠鏡をのぞき天文を楽しむ時、それぞれの楽しみ方をサポートしつつ、レベルアップのお手伝いをしていきたいと思います。


店長日記はこちら

Moravian情報専用ページ
ZWO社ファイルダウンロードサイト
マニアのための個人輸入サポート
PL保険加入済み
小物送料無料
店長南口(プラス協力者の皆様)が日本語化した海外フリーソフトのご紹介
アマゾンで販売中の弊社取扱商品と組合せて使うと便利な商品
大学、研究機関、自治体および法人の購買担当者様へ
星見屋オリジナル資料リンク集
SkyWatcher WiFi アダプターとSynScanアプリの操作マニュアル
SkyWatcher WiFiアダプター SkyWatcher社の英語マニュアル翻訳
ASIAIR TIPS,活用方法
ASI174MC
型番 ASI174MC
定価 77,000円(本体71,296円、税5,704円)
販売価格

77,000円(本体71,296円、税5,704円)

購入数


2015年3月発表のZWO社製新カラーカメラです高感度、低ノイズを生かして様々な用途に使用することができます




* Exmorは,ソニー (株) の商標です。このExmorは,列並列A/D変換方式の採用により,高速処理,低ノイズ性能,低消費電力に優れたCMOSイメージセンサです。




* Pregiusは,ソニー (株) の商標です。Pregius (プレジウス) は,ソニーの低ノイズCCD構造を採用し,高画質を実現したアクティブピクセル型CMOSイメージセンサグローバルシャッタ画素技術です。



外観



高感度
ASI120シリーズのセンサーとのQ.E.の比較です。
外観




グローバルシャッタ機能

従来のCMOSイメージセンサは、電子シャッタ機能が、ローリングシャッタとなっているため、原理的にフォーカルプレーン歪みの発生が避けられませんでした。(ASI174 に採用されている)IMX174LLJ/LQJでは、アナログメモリを搭載した新規画素を開発し、全画素信号の同時読み出し (以下、グローバルシャッタ機能) を実現することで、フォーカルプレーン歪みの発生を排除しました。

従来のソニーCMOSイメージセンサが持っている列並列A/D変換技術との組み合わせにより、高画質化を実現しました
(Sonyの半導体製品情報HPより)

高フレームレート

(ASI174に採用されている)IMX174LLJ/LQJでは、内部回路の最適化とLVDS 8ch出力により、10bit ADC使用時で最大164.5 frame/s、12bit ADC使用時で最大128.2frame/sの高フレームレートを実現しているため、高速撮像が可能となっています。
(Sonyの半導体製品情報HPより)



カメラ仕様一覧
センサー1/1.2" CMOS IMX174LLJ / IMX174LQJ
解像度2.3Mega Pixels 1936x1216
ピクセルサイズ5.86µm
露出時間32µs-1000s
ROI有り
インターフェースUSB3.0/USB2.0も可
ビットレート12bit output(12bit ADC)
接続アダプター2" / 1.25" / M42X0.75(Tマウント)
サイズφ62mm X 41mm
重量140g
稼動温度-5°C 〜 45°C
保管温度-20°C—〜 60°C
稼動湿度20% 〜—80%
保管湿度20%—〜 95%
最大解像度@フレームレート1936X1216@128FPS
シャッターグローバルシャッター










ベータテストによる作例が報告されています

Hα光によるプロミネンス(ZWO社HPより)



月面(ZWO社HPより)




LRGB合成による木星(ZWO社HPより)




Cマウントレンズによるオーロラ(星見屋撮影)
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける