商品を探す

メーカーから探す

星見屋の最新情報はFacebookをご覧ください 星見屋店長のTwitter 星見屋店長へのお問い合わせはこちらから

APM-Riccardi APOレデューサーM63

  • APM-Riccardi APOレデューサーM63
販売価格 62,979円(本体57,254円、税5,725円)
型番 APM-RIRED-M63

商品説明

APM-Riccardi APOレデューサーM63

商品紹介
 APM-Riccardi APOレデューサーM63
 APM-Riccardi APOレデューサーM63
 APM-Riccardi APOレデューサーM63
 APM-Riccardi APOレデューサーM63
 APM-Riccardi APOレデューサーM63
この3枚レンズ0.75×レデューサー・フラットナーは、イタリアの著名な光学デザイナーであるMassimo Riccardi氏がAPM-Telescopes社のために設計したもので、すべてのTMB-APM-LZOSアポクロマート望遠鏡に使うことができます。また、テストの結果、他のメーカーのアポクロマート鏡筒にも使えるということがわかりました!
このレデューサーは、焦点距離を3/4に短縮し、イメージサークルを補正することで、お持ちの望遠鏡を短時間で撮影できる写真用の鏡筒に変えます。

接続
望遠鏡やカメラとの接続は、M63×1のネジで行います。レデューサー・フラットナーを正しく調整するために、調整用フランジもご用意できます。

バックフォーカス
通常、レデューサーはフォーカサーにネジ止めします。自由開口部が68mm以上の場合は、レデューサーをフォーカサーの内部に設置することも可能です。

お使いの望遠鏡に適したバックフォーカスは、以下のPDFチャートでご確認いただけます。レデューサー+バックフォーカス+焦点距離の変化分の合計光路は、約160mm〜180mmとなっています。

このレデューサーによる補正は、フルサイズまでのセンサーに対応しており、最も有名なKodak KAF 8300にも最適です。
また、このPDFで、お使いの望遠鏡とカメラの組み合わせに適したアダプターを見つけることができます。


同梱物
・レデューサー本体
・防塵キャップ2つ

仕様
カメラへの接続 M63×1(内径)
望遠鏡への接続 M63×1(外径)
コーティング フルマルチコート
材質 アルミニウム
焦点面から取り付け部分までの推奨距離 以下の詳細情報にあるPDFをご参照ください。
焦点距離縮小率 0.75倍
レンズ枚数 3枚
調整フランジなしの光路長 180.05mm
調整フランジありの光路長 189.05mm
補正される範囲 40mm
長さ 71.7mm(防塵キャップ付きで75mm)
直径 67mm
重さ 17.5オンス(防塵キャップ付きで18.9オンス)

詳細情報
Apo 105_650+small reducer
Apo 107_700+small reducer
Apo 115_800+small reducer
Apo 130_1200+small reducer
Apo 130_780+small reducer
Apo 152_1200+small reducer
Apo 80_480+0.75× reducer
Apo 80_500+0.75× reducer
ApoDoublet 140_980+small reducer
ApoDoublet152_1200+small reducer

ピックアップ特集

特集・マニアのための個人輸入サポート 星見屋取扱商品との組み合わせおすすめ商品一覧ページへのリンク