カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

南口雅也

メモ

観望から観察へ 観察から観測へ 空を見上げ、望遠鏡をのぞき天文を楽しむ時、それぞれの楽しみ方をサポートしつつ、レベルアップのお手伝いをしていきたいと思います。


店長日記はこちら

Moravian情報専用ページ
ZWO社ファイルダウンロードサイト
マニアのための個人輸入サポート
PL保険加入済み
小物送料無料
店長南口(プラス協力者の皆様)が日本語化した海外フリーソフトのご紹介
アマゾンで販売中の弊社取扱商品と組合せて使うと便利な商品
大学、研究機関、自治体および法人の購買担当者様へ
星見屋オリジナル資料リンク集
SkyWatcher WiFi アダプターとSynScanアプリの操作マニュアル
SkyWatcher WiFiアダプター SkyWatcher社の英語マニュアル翻訳
ASIAIR TIPS,活用方法
ASI533MC Pro 
型番 ASI533MCーP
定価 117,700円(本体107,000円、税10,700円)
販売価格

117,700円(本体107,000円、税10,700円)

購入数






1インチの正方形センサー採用のASI533MCProです

IMX533はセンサーサイズが正方形フォーマット1インチ、ピクセルサイズ3.76 umのの9MP CMOSイメージセンサーで、14ビットモードで20フレーム/秒でフレームを生成できます。

読み出しノイズは1.0eと低いため、SCMOSまたはEMCCDセンサーに匹敵し、高解像度、低ノイズのイメージングに非常に適しています。

IMX533センサーについて
ソニーの裏面照射型CMOSイメージセンサーは、感度とノイズ低減を改善したものです。これは、画質を向上させる重要な要素であり、基本的なピクセル構造を前面照射から背面照射に根本的に再構築しました。また、裏面照射型CMOSイメージセンサーは低消費電力や高速動作などの点でより有利となっています。

従来の前面照明構造では、センサーの感光領域(フォトダイオード)を形成するシリコン基板の表面の金属配線とトランジスタが、オンチップレンズによる光子収集を妨げます。裏面照射型構造は、光学角度応答に対する感度の低下を最小限に抑えながら、シリコン基板の裏側に移動した金属配線やトランジスタなどの障害物がないため、各ピクセルに入射する光量を増加させます。

ソニーは独自のフォトダイオード構造と背面照射構造に最適化されたオンチップレンズを新たに開発しました。それにより従来の前面照射に比べてノイズ、暗電流、欠陥ピクセルを低減することにより、暗所での高感度と低ランダムノイズを実現しました。


カメラの性能
低い読み出しノイズ、高いダイナミックレンジ


QE曲線
QEピーク値は80%以上であると想定されます。




アンプグロー”ゼロ”
従来のCMOSセンサーでは、未補正の画像では隅に「アンプグロー」と呼ばれる筋がほとんどの場合映り込みます。これは回路が弱赤外線光源となっていることが理由でした。 ASI533MC PROはゼロアンプグロー回路を使用しているため、高ゲインの長時間露光イメージングを使用している場合でも、アンプグローを心配する必要はありません。

アンプグローの場合-露出300秒の露出:


ASI533MCProで同じ条件で撮影した場合:


暗電流




DDRメモリバッファー
ASI533MC PROにはUSB 3.0ポートが装備されており、14ビットモードでも毎秒20フレームの動画撮影が可能になりました。 256MB DDR3メモリにより、USBの高いデータ転送速度でも安定したデータフレームのダウンロードが保証されます。


ASI533MC Pro と ASI183MC Pro の比較


ASI533MC PROは、ソニーの最新の裏面照射型IMX533センサーを採用しており、天体写真のニーズに最適です。評価の堅かったASI183MC Proの後継機と見なすことができる1インチ角の9.07MP画素を誇ります。

この最新世代のカメラASI533MCProは、ASI183シリーズが持っていた、QE特性、高いフレームレートなどの特徴に加え、ゼロアンプグロー、非常に低い読み出しノイズ(1.0e程度)、3.76μmのピクセルサイズ、改善された2ステージTECクーラーにより強化された冷却機能などの改良された機能も備えています。


寸法図



同梱品


ご注意:冷却カメラには12v電源アダプターが必要です。こちらの商品などを参考に別途お買い求めください。


フランジバック55mmを実現するチャート






この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける